外壁塗装にデメリットは無い!しっかり住宅メンテナンス

新築だった住宅も、時間が経過すると外壁部分に汚れやヒビ割れが発生してしまいます。外壁の汚れは景観を損ねますし、何より建物全体の寿命を縮めてしまうことになります。愛着のあるマイホームに長く住み続けるためにも外壁塗装を行なって、大切な住宅を劣化から守りましょう。

築10年が分かれ道!?~外壁塗装を行なう目安~

家の寿命を伸ばす外壁塗装

ファミリー

「住宅は住人を守って当たり前」というように、家があることのありがたみを意識せずに日常生活を過ごしている人は多いはずです。しかし住宅は365日、太陽の強烈な紫外線、雨、風、ホコリから住人の身の安全や価値ある財産を守ってくれています。つまり、快適な生活を過ごすためには住宅は必要不可欠なのです。そして快適な生活を過ごすなら住宅の耐久性が高くなくてはいけません。住宅の耐久性や安全性を語る上で欠かせない存在なのが外壁です。中には外壁は住宅の美観を保つだけのものと考えている人もいるでしょう。しかし、住宅の耐久性を常に一定のレベルで維持するためには住宅の外壁はかなり重要です。一般的に住宅メンテナンスは10年周期で行なうのが理想的だとされています。お住まいの住宅の外壁に色あせやひび割れの症状が発生しているのであれば、外壁の塗り替え工事を検討してみましょう。

新築から10年経過が外壁塗装の目安

塗り替えの年数

住宅の寿命を左右する外壁のコンディションですが、住宅メンテナンスと同様に外壁塗装の目安も10年ごとに行なうのが理想的です。新築住宅の場合、最初の10年目というのは建物の寿命や補修費用を決定づける重要な分かれ道になります。というのも、外壁の塗装で使用されている各種塗料、モルタル、サイディングというのは耐用年数が10年程度であることがほとんどなのです。耐用年数をオーバーしたまま放置していると、劣化スピードがどんどん加速していくので注意が必要です。

外壁塗装を行なうメリットを知ろう

外壁塗装の効果

夫婦

外壁を綺麗な状態へ補修することで得られるメリットはいくつかあります。外壁塗装は住宅の美観を回復させるのはもちろんですが、外壁の機能性や建物全体の耐久性を向上させるためには欠かせないメンテナンスの1つです。これから外壁塗装を依頼するという人は、外壁塗装で得ることが出来る4つの効果を確認しておきましょう。

模型

建物の耐久性が向上

外壁塗装を行なうと、外壁の耐久性を向上させることが可能です。外壁塗装で使用される塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの種類があります。屋根や外壁などの住宅の各箇所によって最適な塗料をチョイスすることで、より外壁の耐久効果を高めることが出来ます。雨や風、紫外線のダメージを軽減させるためには外壁塗装は無くてはならないものなのです。

消防士

火災時の被害軽減

住宅に起こりうるトラブルの1つとして、火災があります。火災で最も恐ろしいのは、現場から逃げ遅れて命を失ってしまうことです。しかし耐火塗料を用いて外壁塗装をしていれば、住宅の防火性を高めることが可能です。火災を100%食い止めるということは難しいですが、外壁の防火性が向上していることで火や熱の進行を遅らせることが出来ます。そうすると避難する時間を十分に確保出来るため、最悪の事態を回避しやすくなります。

家族

断熱効果&遮熱効果が向上

外壁塗装のメリットの中には遮熱効果と断熱効果というものがあります。直射日光による屋根や外壁全体の温度上昇を防ぐことを「遮熱効果」と言います。外部の熱をシャットアウトすることで、日差しの影響が強い夏場でも室内の温度変化を少なくすることが出来ます。そして室内の温度を一定に保つことを「断熱効果」と言います。断熱効果が向上することで、快適に過ごしやすい室内環境をキープすることが出来ます。また外壁が劣化しヒビが入っていると、熱気や冷気が逃げやすくなります。そうするとエアコンの冷暖房の効きが悪くなり光熱費が多くかかってしまいます。

外壁

セルフクリーニング効果

外壁塗装時に使用する塗料には、様々な種類があります。塗装時に光触媒塗料やセラミック樹脂が配合されているような特殊塗料をチョイスすれば、セルフクリーニング効果を得ることが可能です。外壁塗装におけるセルフクリーニング効果とは、雨が降った際に外壁の表面に付着した汚れを自動的に洗い流す効果のことを言います。セルフクリーニング効果を得るためには、親水性の高い塗料を選ぶことがポイントです。

外壁塗装に適しているシーズン

シーズンによって変わるメリット

いざ外壁塗装を依頼するとなった際に、どのシーズンを選べばいいのか迷ってしまう人は多いはず。「梅雨の時期は雨の影響で塗料が流れてしまいそう」とか、「気温が低い冬は塗料が壁に定着しなさそう」という心配をする人も少なくないでしょう。結論から言うと雨の日が多い梅雨の時期や気温が低い冬は外壁塗装に適していません。もっと具体的に言えば「気温が5度以下の時」と「湿度が85%以上の時」は、外壁塗装を避けておいた方が無難です。この条件を無視して外壁塗装を強行すると、塗装の剥がれや耐久性の著しい低下を招いてしまうことになります。また、台風などの悪天候時には外壁塗装の効果というよりも、塗装工事そのものが中止になります。

シーズン 良いところ 考えどころ
・空気が乾燥している季節なので、塗料が乾きやすく工期が伸びにくい。

・塗料の状態や、気候も含めて職人さんが快適に作業を行なうことが可能。
・いわゆる外壁塗装の繁忙期になるため、業者選びで迷ってしまう。
・気温、湿度共に塗料が乾きやすい環境が整っているため、作業が順調に進む。

・塗料によっては塗料が伸びやすくなるため、職人の作業がはかどる。
・外壁塗装工事中は部屋の窓を開けることが出来ないので、終日エアコンを使用。 ※光熱費がかかる

・職人の体調を考慮して、朝早い時間や夕方にしか作業が行なわれない。
・塗料が乾きやすく作業がしやすい。 ・台風が発生しやすいシーズンになるため、工期が遅延しやすい。
・外が寒く、窓を開ける必要性が無いため、窓を閉めっぱなしでも不便に感じない。 ・気温が5度を下回ると塗装が出来ない。

・気温が低い地域だと屋根が結露するので作業が中断する。
梅雨 ・雨が降っていない日であれば塗装工事を行なうことが可能。 ・梅雨は湿気が多いため、湿度が85%以上だと塗装後のクオリティが下がる。

・雨が続くと工期が遅れる。